2018年3月23日 更新

これからビットコインなどの仮想通貨をはじめる方と税金

銀行に預けていても微差しか増えない現金をしっかりと投資しようと思ったら、もっと積極的に投資する必要があります。アパート投資や太陽光投資、レンタルボックス投資、コインパーキング投資など色々な投資がブームとなってきましたが、ここ最近の投資のトレンドは間違いなく仮想通貨です。その中でも代表的なビットコインなどは、多くの投資家から注目されていますので何かと話題になる事も多くなっています。

2017年、2018年の投資のトレンド

 (23361)

仮想通貨は注目度が高まる反面、アパートやマンション、太陽光など、形のあるものに投資するわけではないので、怪しいと思ってしまったりハイリスクだと思ってしまうのは当然だと思います。最近ではコインチェックなどが問題となっており、より疑心暗鬼になってしまっている方も増えているのですが、投資先としては魅力的な部分が沢山ありますので、単に怪しいからといって投資先から排除してしまうのは勿体無いと思います。そこでこちらのページでは、初心者がビットコインをはじめる際にしっかりと覚えておいて欲しい基礎知識をご紹介します。

ビットコインと税金

仮想通貨は、ここ最近のブームですので、実は税金などに関する法的整備が整っていない状況です。この先でどのように変化していくかは動向をしっかりと追う事にして、2018年の1月現在の税とビットコインの関係についての情報をご紹介させて頂きます。実はビットコインなどの仮想通貨の利益に対しては、雑所得として扱う線が濃厚になっております。

雑所得になってしまうと、金融所得と違い売却損などのマイナス所得を他の金融商品で得た利益と相殺するような事ができるけど、給与所得や年金所得などとの損益通算ができなくなっております。その結果、給与所得にビットコインの利益を上乗せする形で利益が算出されますので、累進課税という事になります。お給料をしっかりと貰っている会社員の方の副業としては、かなり高い税率が加算される事になりますので、副業には向きにくいと思われる方もいます。

line

持っているだけなら税金はかからない

 (23368)

ビットコインは仮想空間内で有効なお金です。例えばビットコインを以前に購入していて、今の値段で売却すれば100万円以上も儲かるという段階でも現金化しなければ目に見える儲けがでませんので、課税の対象になりません。仮想空間で儲けが出ていても現金化しなければ税金はかからないのです。しかし、ビットコインに対応しているお店で買い物をした時や、他の仮想通貨をビットコインで購入した時などは、現金として使った事にカウントされますので課税対象になるのです。

はじめはお小遣い程度からチャレンジしよう

 (23370)

ビットコインは0.0001BTCから投資する事ができます。2018年の1月現在の価格が120万円前後になっておりますので、120円からビットコインを所有する事ができるようになっております。ビットコインを購入できる取引所によって指定取引金額はことなりますが、1,000円や10,000円でも投資をする事ができるようになっているのです。とりあえず話題だからお小遣いの中から5,000円分だけビットコインを購入するなんてやり方で始められる方も多いのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

大きな失敗をするのはレバレッジ取引

 (23373)

SNSを見ているとかなり大きな金額を失ってしまったという方がいますが、そういった方は大抵レバレッジ取引をしています。一般的に自分のお小遣いの範囲で購入している現物取引でしたら、5,000円で購入したビットコインが1,000円になったとしても4,000円の損ですみますので、飲み会一回分の損と考えればライフスタイルに影響は少ないといえますが、レバレッジ取引の場合には、自分が持っている自己資金以上の金額を使って取引をする事ができるのです。

取引所によってレバレッジの金額はことなりますが、多い所ですと自己資金の25倍の取引ができるような所もあります。100万円の自己資金で2500万円の取引が出来てしまいますので上がったら大きな利益を得る事ができます。もちろん逆に下がった時には自分のキャパシティ以上の損を被ってしまいますので破産してしまうような方もいらっしゃいます。特に仮想通貨は、まだまだ(安定していない投資になっておりますので、上下の移動が激しくなっておりますので、間違ったタイミングで勝負してしまうと大損をしてしまう可能性が十分に考えられるのです。
bitclubmining

初心者は少額で始められる取引所を選ぶ

 (23377)

取引所には色々なタイプの取引所がありますので、初心者には選びにくくなっております。色々な判断基準がありますが、最初は少額でも始められる取引所を選ぶのがおすすめです。ビットフライヤーは、国内のビットコイン取引量が最もある取引所で、手数料も0.01パーセントから0.2パーセントと非常にリーズナブルになっているおすすめの取引所です。パソコンだけでなくスマートフォンからも利用する事ができますので、気軽にチャレンジする事ができるといったメリットがあります。慣れてきたらレバレッジ取引にチャレンジしたいというかたにも、ビットフライヤーライトニングという最大15倍まで取引ができるようになっておりますので初心者から上級者まで安心して使えるのが魅力です。
アルトコイン訴求
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者のうちに知っておきたい!リスクと税金の関係

初心者のうちに知っておきたい!リスクと税金の関係

仮想通貨には税金などは関係ないと考えている人も多いようですが、仮想通貨取引によって得た利益もまた課税対象であり、手続きを怠れば脱税と見なされてしまいます
管理者3 | 98 view
仮想通貨に税金はかかる?確定申告について学ぼう。ちゃんとやらないと大変なことになりますよ

仮想通貨に税金はかかる?確定申告について学ぼう。ちゃんとやらないと大変なことになりますよ

仮想通貨を利用している人の中には、知らない間に仮想通貨が課税対象になっている可能性があるのです。紙幣や通貨という形がないので、取引で利益を出しても課税とは無関係と思われがちですが、実は仮想通貨も立派な課税対象となっているのです。
管理者3 | 145 view
確定申告前!初心者でもわかる仮想通貨と税金の話。税金対策はちゃんとやりましょう

確定申告前!初心者でもわかる仮想通貨と税金の話。税金対策はちゃんとやりましょう

去年から税金の対策や納税に関してちゃんと理解しましょう。
管理者3 | 97 view
ビットクラブに参加した場合の税金はどうなるのか?

ビットクラブに参加した場合の税金はどうなるのか?

ビットクラブではマイニング報酬や紹介報酬を受け取ることができますが、その税金はどうなるのでしょうか?また、ビットコイン建てで受け取った後の値上がり益などの課税に対しても詳しく解説します。
しょーじ | 1,718 view
仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

2018年の話題の投資先として色々な案があるかと思いますが、仮想通貨はチャレンジする、しないに限らず絶対におさえておきたい案件だと言えます。有名なものは、ニュースやテレビコマーシャルなどでも度々目にするビットコインだと思いますが、他にも色々な通貨がありますので、まずは広く視野を広げる必要があります。
管理者3 | 544 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3

おすすめの記事

今注目の記事