2017年3月31日 更新

ビットコインを得る手段としてのマイニングとは?

ビットコインに触れると、マイニングという言葉を必ず目にすると思います。しかし、マイニング(採掘)の仕組みそのものは簡単でも、一体何をどうすればいいのか明確に答えられる人は多くはありません。その為、ここではビットコインの入手方法としてマイニングがどういったものなのかについて見ていきます。

ビットコインの発行数は決まっている

Free photo: Question Mark, Why, Problem - Free Image on Pixabay - 2123967 (18558)

ビットコインは、管理者のいない仮想通貨であり、その発行数量は2100万ビットコインと決められています。また、最大発行数量に対するビットコインの流通数は半分以上となっており、新規でのビットコインの発行において、その新しく発行されるビットコインを入手する権利を得ることをマイニングと呼んでいます。

つまり、取引を行わずにビットコインを入手する方法としてマイニングは最もわかりやすい手段なのです。
そして、マイニングから得られる利益そのものは微々たるものということも覚えておきましょう。

マイニングとビットコイン

マイニングは、ビットコインの特性からその名前が付けられています。実際、何かを掘り当てる訳ではありませんが、有限の貴金属を決められた場所から掘り出す行為とビットコインのマイニングは似ています。

つまり、口座に例えると元々上限の決まっているものから、一定の通貨を引き出す為、引き出された後の口座の上限は通貨を引き出せば引き出すほど少なくなっていきます。

また、マイニングという行為は暗号解析ではありますが、ビットコインの現在の価値を考えると、競争率が激しすぎる為、通常のPCやスマホでは勝負することが適いません。ちなみに、発行されるビットコインは時が経つにつれて徐々に減っている為、競争に打ち勝ってもその分のリターンがあるとは限らないのが現状です。

ビットコインの入手方法

 (18564)

マイニング以外のビットコインの入手方法は、購入するかユーザーから貰うかです。また、投資という側面から行くと、仮想通貨はビットコインだけが存在している訳ではない為、どうしてもビットコインが欲しい場合は、他の仮想通貨とトレードするという方法もあります。

対価として考えると、1ビットコインの価値はかなり高額ではありますがビットコインのやり取りは個人間で行うことが出来る為、ビットコインを保有する人とうまく交渉することが出来ればトレードは可能です。

また、何十年か先にはビットコインは最大数量まで発行されてしまう為、その時の価格変動は誰にも責任が持てないということは覚えておきましょう。

上記のことをしっかり理解した上で、ビットコインを始めることが大切ですね。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 406 view
イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

仮想通貨の話題としてイーサリアムに注目が集まってきました。しかし、初めてイーサリアムという言葉を聞く人は何のことかわからないと思うので、イーサリアム人ついて説明していきたいと思います。
じょにー | 1,178 view
ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

このビットコインからの分裂によって、ほかの仮想通貨にどういう影響が起こるか気になるところではありますが今回はビットコインキャッシュに焦点を当ててみていきたいと思います。
じょにー | 1,200 view
ビットコインキャッシュについてある程度簡単にまとめてみた。

ビットコインキャッシュについてある程度簡単にまとめてみた。

ビットコインや仮想通貨とかよくわからないけど気になる。。。という人も多いと思いますのでそういう人たちに向けて説明出来たらと思います。
じょにー | 456 view
ビットコインキャッシュがフォーク直後に価格が上昇した件について

ビットコインキャッシュがフォーク直後に価格が上昇した件について

なぜビットコインキャッシュが価格高騰を起こしたか。知っているようで知らないという人が多かったのでまとめてみました。
じょにー | 546 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

猫らぶ 猫らぶ