2018年5月6日 更新

ビットコインの仕組みは意外と簡単だった?!

新しい仮想通貨として注目されつつあり、対応するサービスも増えています。しかし、その仕組みを完全に理解している人は決して多くはありません。その為、ここでは、ビットコインの仕組みをメインに焦点を当て解説していきます。

ビットコインって?

Free photo: School, Book, Know, Study - Free Image on Pixabay - 1661731 (17028)

ビットコインは、作られてからまだ10年も経過していない新しい仮想通貨です。
仮想通貨と言えば、よく頻繁に使用されている電子マネーのような感覚と似ていますが、汎用性は電子マネーよりも高く、支払いが可能なサービスやサイトでは万能と言っても過言ではありません。

また、通常の仮想通貨でも通常の円やドルなどの紙幣は国や銀行などが管理していますが、BTCには管理者が存在せず、個人間のやり取りなどは仲介する組織や管理者などを必要としません。
その為、秘匿性も高く、サーバーからの情報漏洩などの心配も低くなっています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

ビットコインの成り立ち

ビットコインの開発者は日本人であり、開発当初の価値は非常に低いものでした。
しかし、現在の価値を考えてみると1000BTCを日本円で換算すると億にまで届くほどの金銭的価値があります。

また、世界中何処にいても価値は変わりません。
国が破綻しても金融機関が破綻しても、自分の管理しているBTCがゼロになることはなく、あくまで相場が変動する可能性があるだけです。

なお、相場は非常に変わりやすいのも特徴的です。その為、金融商品として運用する際はその相場の変わり目に注意を払いましょう。
ちなみに、金や銀などの貴金属も価値としては変わりませんが、相場は変動する為、BTCに対しても、どんな時も一定の価値をもつものと定義しておきましょう。

金融商品としてのビットコイン

最近ではFXでもビットコインが運用できるようになり、金融商品としての性質はより高まりつつあります。

また、最初から発行数量は2100万BTCと決まっている為、金融商品として運用される際のレート変換などはかなり細かく気にしておく必要があります。
最大数量が決まっているということは、利益も保有するBTCである程度決まってくる為です。
もちろん、支払いとして使用するのみであればそこまで気にする必要はありません。

まとめ

もし今後、ビットコインを金融商品として運用し始めた場合、相場は更に変動するでしょう。
興味がある方や、新しい金融商品を探していた方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

line

アルトコイン訴求
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知っておくべき暗号通貨の面白いお話

知っておくべき暗号通貨の面白いお話

暗号通貨はビットコインだけではないんです。色々な種類がありそれぞれ違った特性を持っています。今回はそんな暗号通貨のお話をさせて頂きます。
M&K | 2,809 view
知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

暗号通貨としてビットコインが有名ですが、実は同じ仕組みの別のコインが次々と誕生しているんです。今回はそんなオルタコインの話をさせて頂きます。
M&K | 3,037 view
ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットを使用する際には、仕組みを理解した上で、正規代理店から購入したものを使いましょう。
しょーじ | 144 view
分かれば納得のビットクラブの仕組み

分かれば納得のビットクラブの仕組み

個人がマイニングで稼ぐのは難しい現代において、代わりに最新鋭のマイニングマシン導入や規模の拡大を行って稼ぎ利益を分配してくれるビットクラブの仕組みを紹介します。
しょーじ | 280 view
仮想通貨のマイニングを理解する上で必要な基本的な仕組みとは?

仮想通貨のマイニングを理解する上で必要な基本的な仕組みとは?

仮想通貨のマイニングを学習していくにあたって必要な言葉が存在します。その中でも特にハッシュ値とナンスという言葉について見ていきたいと思います。
じょにー | 87 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

猫らぶ 猫らぶ