2018年2月21日 更新

ビットコインのセキュリティはどうなっているの?

セキュリティ面での懸念もあるビットコイン、盗難や紛失のリスクを抑えるための取り組み、システムについて分かりやすく解説していきます。

ビットコインはデータ上の取引となるため、保管場所となるウォレットや取引に用いるツールなどに高水準のセキュリティシステムが確立されていることが求められます。

セキュリティ面でどのような取り組み、システムを採用しているか、などのリスク管理について見ていきましょう。

ウォレットのセキュリティ

 (6100)

ウォレットは購入、利用、取引時に欠かせない重要なツールとなるだけに、セキュリティ面では最も気を遣わなければなりません。

保管先となる媒体によってセキュリティレベルは変動し、大きな金額のビットコインを保管する場合はセキュリティレベルの高いペーパーウォレットやハードウェアウォレットへの保管が勧められています。

盗難、紛失のリスクが低いペーパーウォレットについて、保管する際の注意点と併せて見ていきましょう。
通常はオンラインで保管されますが、実はこれが最大のセキュリティリスクになっています。つまりコンピュータがハックされたり、通信が盗み見られたりすると、ビットコインが盗まれてしまうことがあるのです。

インターネットに接続せず、他のアプリケーションが一切走っていない状態のクリーンなOSを立ち上げて、そこで、ペーパーウォレットを印刷します。そこには、公開アドレスと秘密鍵の2つが印刷されます。公開アドレスに、ビットコインを別途送金します。そして秘密鍵は、誰にもみられないように封印して、銀行の個人金庫などに預けておく。といった具合です。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
ウォレットをバックアップしましょう
安全な場所に保管することによって、バックアップはコンピューターの欠陥や人的ミスからあなたを守ってくれます。あなたの携帯電話やコンピューターが盗まれても、あなたのウォレットを暗号化していれば、バックアップでウォレットを回復することができます。

常にソフトウェア・アップデートを行う
最新のビットコインソフトウェアを使用することで、重要な安定性とセキュリティ対策の修正を受けることができます。アップデートは、新しい便利な機能やあなたのウォレットを安全に保管するのに役立つ機能などで、様々な問題を防いでくれます。

取引のセキュリティ

 (6101)

購入、売却に対応している取引所でも顧客が安全にトレードを楽しめるよう様々なセキュリティシステムを採用するなどリスクマネジメントに力を入れています。

オンライン上でのやり取りが主流となるビットコインだけに、取引所のセキュリティに対する考え方も見つつ利用する取引所を探しましょう。
ネットワーク
SSLで100%暗号化。全てのページはSSL/TLSによる暗号化通信を利用し、ネットサービス 事業者が守るべき対策を実践しております。

コールドウォレット
ハッキングによる被害を防ぐためにオンラインから切り離されたコールドウォレットにて保管おります。

マルチシグ
単独の管理者に出金権限を与えず、複数の管理者がいなければ出金できないマルチシグ管理を行っており、内部犯行防止対策も行っています。

分別管理
お客様の預け入れ金は、当社運用口座から分離した別の銀行口座に保管されております。

金融業界専門の法律事務所
金融専門の日本トップクラスの弁護士陣によるアドバイスを積極的に受け入れ、法的観点を
常に意識して事業を運営しております。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining

セキュリティ技術

 (6102)

ビットコインのセキュリティ技術は日々向上しており、より安全に利用できる環境が整えられています。

その中で上記に挙げたシステム分散でリスクを軽減する「マルチシグネチャ」を取り入れている企業も多くなってきています。
マルチシグネチャ技術とは、取引のセキュリティをより強固にすると期待されている技術です。

ビットコインを1箇所に集中して保管せず、システムを分散することで盗難リスクを軽減する「マルチシグネチャ」という仕組みで、従来の集中型のシステムの失敗例の増加に伴って注目を集めています。

マルチシグネチャ技術とは、取引上3つ存在する秘密鍵のうち、2つの鍵があった場合のみ取引者間で送金が可能となる仕組みです。

これにより、取引上の片方が秘密鍵を盗まれても、もう片方の秘密鍵がないと奪取することができないため、安易に盗まれることはなくなります。

セキュリティリスクの軽減につながるサービスとは

 (6103)

まさかの保険付き保管サービスが登場したようです。

これが普及すれば万が一盗難、紛失に遭って大きな損失を抱えたとしても一定の補償に期待できそうです。
世界初の保険付き保管サービスの名前は「Elliptic Vault」。このサービスの設立者いわく、Elliptic Vaultは「世界初の」ビットコイン保険、とのこと。

Elliptic社では「deep cold storage」と呼ばれる技術が使われており、アクセスするためのセキュリティキーは暗号化され、オフラインに保管されます。さらにセキュリティキーは複数のコピーが用意され、Elliptic社の管理人しかアクセスができず、暗号化レイヤーと物理的セキュリティレイヤーによって守られているそうです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決済システムと個人情報の観点からビットコインを探ってみよう

決済システムと個人情報の観点からビットコインを探ってみよう

ビットコインはとてもシンプルな決済システムを採用していることで評判が良いです。では個人情報はどのレベルまで送ってしまうのでしょうか?
ほろん | 181 view
サイドチェーンで安全にアプリケーションが動作する仮想通貨「リスク」

サイドチェーンで安全にアプリケーションが動作する仮想通貨「リスク」

リスクは、分散型アプリケーション向けのプラットフォームとして開発されました。アプリケーションがサイドチェーン上で動作するため安全で、開発言語はジャバスクリプトが使われているため開発に参入しやすい仮想通貨です。
しょーじ | 17 view
【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

リスクの保管には、デスクトップウォレットの「リスクナノ」、モバイルウォレットの「リスクウォレット」、ペーパーウォレットの「リスクペーパーウォレット」などがあります。ハードウェアウォレットの対応はありません。それぞれ一長一短ありますので、自分に合ったものを使いましょう。
しょーじ | 32 view
仮想通貨リスクとは?どんな仮想通貨か学びましょう

仮想通貨リスクとは?どんな仮想通貨か学びましょう

仮想通貨リスクとはどんな仮想通貨でしょうか。解説いたします
管理者3 | 108 view
ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブに参加する際にどういうリスクがあるのか?そしてそのリスクはどうすれば抑えられるのか、徹底検証します。
しょーじ | 486 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

仮野真根 仮野真根