2017年9月7日 更新

ICOをマネジメントするプロジェクト「アイシーオーボックス」のICO

ICOをマネジメントするプロジェクト「アイシーオーボックス」のICOを紹介します。投資家は、アイシーオーボックスが企業審査を行って選定された質の高い企業から、投資するICOを選ぶことが可能で、リスクを抑えてICOに参加できます。

アイシーオーボックスとは?

アイシーオーボックスは、世界初のSaaS型のICOソリューションで、
アイシーオーボックスが企業審査を行って選定された質の高い企業から、投資家は投資するICOを選ぶことが可能です。
そのため、投資家はリスクを抑えてICOに参加できることになります。
また、アイシーオーボックスが発行するICOSトークンを使用してICOに参加することで、トークンを75%OFFで購入することが可能です。
今後12ヶ月の間に800のICOを立ち上げることを予定しています。
アイシーオーボックスは2017年にケイマン諸島で設立された企業でCEOは、Sergei Sergienko氏です。
Sergei Sergienko氏は、過去にICOを行った企業であるChronobank.ioのCEOでもあります。
 (20036)

アイシーオーボックスのICO情報

プレセール期間は、
最小ロット10000ICOS買える場合、2017年8月9日には1OCOSあたり0.008BTC、
最小ロット1000ICOS買える場合、2017年8月9日~8月15日には1OCOSあたり0.009BTCで購入可能です。

その後、ICO期間は2017年8月15日~9月15日となりますが、
2017年8月15日~8月17日には1OCOSあたり0.01BTC、
2017年8月17日~9月1日には1OCOSあたり0.011BTC、
2017年9月2日~9月15日には1OCOSあたり0.012BTC、
で購入可能です。この期間での最小ロットは1ICOSから購入可能です。
支払いに必要な仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、ジーキャッシュのいずれかです。
集まった資金は、ブロックチェーンコミュニティの価値があると判断されるプロジェクトのICO立ち上げに割り当てられる予定です。

そして、ICOSトークン所有者は、2017年10月2日に投票にて、ICOを行うプロジェクトを選ぶことが可能です。
それにより、アイシーオーボックスは、
2017年第4四半期には週10プロジェクト、
2018年第1四半期には週15プロジェクト、
2018年第2四半期には週20プロジェクトのペースでICOを行う予定です。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

反マネーロンダリングとKYCプロトコルをコードに統合した世界で唯一の特許出願中の電子通貨、AMLビットコイン(英表記:AML BitCoin)を創立したNAC財団 LLC(有限責任会社)にとって、慌ただしい新年の始まりであった。
管理者3 | 48 view
KYC.LEGALとQurrexがハイブリッド仮想通貨取引所で提携

KYC.LEGALとQurrexがハイブリッド仮想通貨取引所で提携

KYC.LEGALとQurrexはハイブリッド仮想通貨取引所構築プロジェクトにおける戦略的提携を発表した。
管理者3 | 43 view
PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 89 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 75 view
ウェブサイト構築ツール業界をAIでディスラプトするuKitがICO 2

ウェブサイト構築ツール業界をAIでディスラプトするuKitがICO 2

ウェブサイト構築ツール業界をAIでディスラプトするuKitがICO
管理者3 | 31 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ