2016年2月21日 更新

ビットコイン決済って何?

複数の通貨に交換することができ、インターネット上で利用可能な架空通貨、ビットコイン。そんなビットコインの決済とは、一体どのようにして行うのでしょうか。また、楽天も決済が可能と言われていますが、それは本当でしょうか。今回は、そんな疑問についてお答えします。

そもそもビットコイン決済って?

 (4614)

特定の国家や企業が管理しているわけではありませんが、インターネット上で利用可能な架空通貨、ビットコイン。ビットコインは複数の通貨と交換が可能なため、海外に送金することができます。近年では、ビットコインを利用できるATMが開発されたようです。マニュアルもATMに付随しているという話ですが、ページ数がかなりあるため、マニュアル片手に気楽に操作することは難しそうですね。送金する以外にも、ビットコインには様々な取引の仕方が存在します。
ビットコインの取引で一定額を超える収入を得た場合は、確定申告を行う必要があります。そのため、ビットコインを利用した取引で一定以上の利益を得られた方は、確定申告が必要なのかどうか、一度相談してみてくださいね。
ところで、皆さんはビットコイン決済とはそもそも何なのか、導入方法はどういったものなのか、ご存知でしょうか。また、ビットコイン決済を楽天も導入した、と言われていますが、それは本当でしょうか。今回は、それらの疑問についてお答えしようと思います。
それでは、まず最初にビットコイン決済とは何か、という疑問についてお答えします。
ビットコイン決済とは、リアルタイムのビットコインレートに従い、ビットコインで商品が購入できる決済方法です。
支払手段でビットコイン決済を選択後、現在のビットコインのレートから価格が表示され、IDとワンタイムパスを入力し決済完了となります。

弊社はbitFlyer社と提携しており、「ビットコイン決済」を提供しております。加盟店と消費者間の支払いはbitFlyer社のプラットフォーム内で完結し、料金前払いのデポジットで支払うため、10分の時間を要することなく、即時決済が可能です。また、ビットコインの取引は需要と供給により相場変動が生じますが、弊社が提供する「ビットコイン決済」は加盟店の相場変動のリスクを回避するオプション(無料)を用意しているため、加盟店は安心してご利用いただくことができます。

アメリカでは、PayPal、Braitree、Stripe、Squareがビットコイン事業社と提携し、ビットコインでの決済サービスを
開始予定です。
ビットコイン決済とはECサイトや飲食店などでの決済手段としてビットコインを用いることです。既存の決済手段よりも手数料が安く、簡単に手続きができます。

ほとんどの場合、支払い者はECサイトなどで表示されるQRコードをスキャンしビットコインを送付するという簡単なステップで支払いが完了します。
 (4622)

ちなみに、こちらがビットコイン決済の運用フローとなります。
いかかでしょうか。
ビットコイン決済とは、一体どのようなものであるのか、ご理解いただけたものと思います。それでは次に、ビットコイン決済の導入方法についてご説明します。

ビットコイン決済の導入の方法って?

 (4636)

ビットコイン決済の導入とは、どうするのでしょうか。早速見ていきましょう。
・ブロックチェーン(Blockchain)やビットペイ(Bitpay)のようなビットコインの決済代行会社を利用すれば、ビットコインの決済を導入するのは、子供の遊びのように簡単で、私たちの場合、1日しかかかりませんでした。
こちらは、実際にビットコイン決済を導入された方の感想となります。
ビットコイン決済の導入は簡単にできます。

アールグレーさんのブログでは、coincheck paymentというサービスを利用して、ビットコイン決済を導入した体験を報告されています。
coincheck paymentを試してみました - 淡路島好きの紀州釣り師

まず、coincheckにユーザー登録します。
それから商品名、値段、説明等を入力すると、HTMLコードが自動的に作成されます。
それを自分のブログに貼り付ければ支払ボタンが完成するそうです。

簡単ですね。
ただ、サービスを利用するので、手数料が代金の1%かかるそうです。


もっと簡単でタダの方法があります。
自分の受取用アドレスをそのまま表示すればいいのです。

実店舗でビットコイン決済を導入する方法 | coincheck payment

実店舗でビットコイン決済を導入する方法 | coincheck payment
本ページでは、実店舗でビットコイン決済を導入する方法を説明します。
こちらのサイトでは、ビットコイン決済の導入方法が紹介されています。

モナコイン・ビットコイン決済サービス - Zaif Payment

モナコイン・ビットコイン決済サービス - Zaif Payment
モナコイン・ビットコイン決済サービス Zaif Payment『ザイフペイメント』。手数料ゼロで暗号通貨のモナコインとビットコインで決済が行えます。
こちらのサイトでは、ビットコイン及びモナコイン決済のサービスの流れや導入の仕方について記載されています。
フランス・パリに本拠を置く世界最大の決済端末メーカーであるIngenico(インジェニコ)は、10月5日よりスペイン・バルセロナにおいて開催されたBitcoinweek Conferenceの場において、ビットコイン決済代行プロセッサであるBitPayとパートナーシップを締結しビットコイン決済を導入したことを発表した。

インジェニコは世界125カ国で2200万台のカード決済端末(POS端末)を提供しており、またPOS端末に限らずスマートフォンやタブレット端末を用いた決済モジュールの展開も行っている。

今回のパートナーシップ締結に伴い、BitPayの決済システムはインジェニコのPOS端末「ICT250」に統合され、同社の決済ソリューションすべてに適時対応を進めるとのこと。インジェニコのマネージングディレクターを務めるミゲル・アンヘル・ヘルナンデス氏は、声明において、ビットコインの導入は「重要なプロジェクト」であるとし、「仮想通貨は安全かつ確実性の高い決済手段であり、エンドユーザーにその機能を提供できることを嬉しく思う」と述べた。

同社は今年のはじめ、BitPayと同様にビットコイン決済代行サービスを提供するPaymiumとのパートナーシップを結びヨーロッパ市場のためのビットコイン決済オプションを提供したが、今回新たに行った契約においてはヨーロッパ圏のみならず、「世界規模で展開するための施策」だと説明した。
こちらは、ビットコイン決済を導入された決済端末に関する記事となります。参考までに、ご覧ください。
いかがでしょうか。
ビットコイン決済の導入について、大まかにご理解いただけたものと思います。それでは最後に、楽天がビットコイン決済を導入されたことについてご説明いたします。

楽天がビットコイン決済を導入したって本当?

 (4645)

あの楽天がビットコイン決済を導入したと言われていますが、それは本当でしょうか。早速見ていきましょう。
関口 でも日本ではビットコインの普及率は高くないですよね? というのも、日本にはビットコインを使える場所がありませんので。ですからどうでしょう? 楽天でビットコインを使えるようになる可能性はありますか?
三木谷 考えてはいます。恐らく使うでしょうね。
関口 それはいつですか?
三木谷 それは企業秘密です。ちょっと複雑なんです。でも使うようになると思いますよ。ただパーセンテージとしては、やはり小さいパーセンテージに留まると思います。
我々がそれを実施するのには、そんなにコストもかからないと思うんです。ですからあらゆる決済のプラットフォームを受け入れたいと思います。PayPalも、ビットコインも。そういった決済の手段を選ばないようなプラットフォームになりたいと思います。
関口 そうなっていくと規制政策との連携や、お客様との連携も必要だと思うんですけれども、どんな障壁が考えられますか?
三木谷 わかりませんね。障壁があるかどうかはわかりません。それも難しいところです。例えば政府は、なるべく曖昧にしようとしています。理解していないのか、あまりにも厳しい規制を敷きたくないのか。あるいはあとになってから恥をかくことを避けたいのか。
いずれにしましても私が把握している限りでは、楽天にビットコインを導入する明示的な規制の障壁はないと思います。
日本最大手の通販サイト楽天がついにビットコインを採用した。まずは米国でサービスを開始し、ドイツ、オーストラリアへと展開していくという(公式ページ)。残念ながら日本でのビットコイン決済採用は見送られたが、楽天のこのスピード感は、三木谷社長のビットコインの本気度合いが垣間見える良い兆候であるといえる。

楽天は2月にビットコインをメインテーマに据えた大規模FinTechイベント「楽天金融カンファレンス2015」を開催、仮想通貨革命の著者野口悠紀雄氏、海外のビットコイン企業Bitnet社CEO、PayPal創業者ピーター・ティール氏らを招き、ビットコインを有望視する理由について500人を超える参加者の前で熱く語った。

(中略)

三木谷氏もビットコインを有望視している人物のひとりであり、カンファレンスの中で、ビットコインのコストの安さ、爆発的な普及状況を見て、デジタルマネーの中で最も成功する可能性が高いと語った。そして、「時期は明かせないが、将来的におそらく採用するだろう。」と語っていた。これは、ほんの三週間前の出来事だ。

Bitnet社はビットコイン決済プロセッサであり、楽天が直接出資したことで話題を集めていた。そのため、米国でのサービス展開に際して使用される決済プラットフォームはBitnet社のものを使用している。また、比較的ビットコインに否定的なコメントをしていたピーター・ティール氏も、ビットコインハードウェア開発企業21 inc(21e6)に出資している。
ビットコイン採用に向けた前向きな姿勢は以前から明らかになっていましたが、ついに正式に開始することになると発表されました。

(中略)

ただし、日本以外での開始です。見出しを見て興奮しましたが、いまのところはアメリカ等でスタートするのみです。

日本でのビットコイン採用は、いつになるのでしょうか。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインを導入しているところってどんなところ?

ビットコインを導入しているところってどんなところ?

ビットコインの将来を見ていくうえで、現段階やこれから導入していくところというのを把握していくことは重要な要素となります。窓口が増えていくことで、ビットコインの可能性が広がっていくからです。決済通貨として導入している記事について調べてみました。
turubo | 431 view
ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインは仮想通貨ですが、オンラインショッピングだけでなく実店舗においても既に導入されています。日本国内にも対象のお店があるようですね。しかし、その決済はどのようにして行われるのでしょうか?支払い方やお店側の受け取り方を見てみました。
馬場 | 132 view
Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

世界203か国に2億人近いユーザーを持つ、オンライン決済サービスPaypalが、ビットコインを決済手段として導入しました。これにより、ビットコインの価値がより一層担保され、また仮想通貨の一般認知度も上昇したといえるでしょう。
ねず | 614 view
ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコインという名前は耳にしたことがあっても、実際に商品購入をするのにはどのように使うのか、ビットコインの決済方法と、今後考えられるサービスの拡充について説明いたします。
E-rinrin | 172 view
ビットコインを導入する方法

ビットコインを導入する方法

ビットコインを導入するというのは、ビットコインを購入するという意味もありますし、店舗にビットコイン決済を導入するという意味もあります。いずれにしろビットコイン導入に関しては疑問や不安もあると思いますので、そういった疑問や不安は事前に解消しておくと安心です。ビットコイン導入についてのポイントを紹介します。
E-mukumuku | 34 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

国定乙夜 国定乙夜