2018年3月29日 更新

誰でもどんな環境においても稼げる仕組みを作り出す「ストーム」

ストームは、誰でも、いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っていたとしても簡単な作業をして稼ぐことができるマイクロジョブ向けのプラットフォームです。ビットレックスのCEO、ジンガの創業メンバー、イーサリアムの創業メンバーなど錚々たるチームメンバーで構成されています。

ストームとは?

ストームは、ブロックチェーンを活用することによって、誰でも、いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っていたとしても5分程度の簡単な作業をして稼げる仕組みを作り出すことを目指しています。例えば、電車で通勤している途中や、レストランで並んで待っていたりしているときに、簡単な副業をして稼ぐことができるのです。
ストームプレイのアプリをインストールし起動すると、多くの種類のアスクが提供されています。アプリ内では、Boltsという単位で報酬が得られ、それをストームトークンやビットコインに両替することが可能です。ストームトークンは、イーサリアムをベースにしたERC20トークンで、ブロックチェーンによって信頼性を担保しています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
 (25965)

ブロックチェーンによって確実に実行される

ストームマーケットは、2017年に開始された分散型のマイクロジョブ向けのプラットフォームです。
発注者と受注者の契約部分には、イーサリアムのスマートコントラクト機能を活用しており、確実性が担保されています。
また、分散型であることのメリットとして、ピアツーピアネットワークにて動作しているため、集中的な障害によりダウンすることもありませんし、ハッキング等によって停止されたり不正に操作されたりということがありません。そのため、すべてのジョブはブロックチェーンによって強制的に検証及び実行が行われます。

line

ICO時の状況

2017年11月8日から12月7日にかけてICOが行われました。価格は1ETH=26950STORMで、発行済みストームトークンの内訳は、
クラウドセールで売却41.74%、会社で保有25%、2年間ロックして売却しないもの23.26%、ユーザーが保有10%という内訳になっています。

チームメンバーは、ビットレックスのCEOであるBill Shihara氏、ジンガの創業メンバーであるTom Bollich氏、イーサリアムの創業メンバーであるAnthony Di Iorio氏など、錚々たるメンバーで構成されています。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手数料が格安の分散型マイクロタスクマーケットプレイス「ストーム」

手数料が格安の分散型マイクロタスクマーケットプレイス「ストーム」

ストームマーケットは、分散型マイクロタスクマーケットプレイスで、手数料は1%程度と従来の集中型のマイクロタスクマーケットプレイスと比較して大幅に安く、187ヶ国において合計25万人以上のアクティブユーザーに利用されています。
しょーじ | 63 view
支払いに使うと最大5%の報酬が受け取れる仮想通貨「メタル」

支払いに使うと最大5%の報酬が受け取れる仮想通貨「メタル」

メタルは支払いに特化したプラットフォームで、ペイパルのようなインターフェースで少額の支払いを手軽に行え、支払金額の最大5%の報酬がもらえます。
しょーじ | 32 view
支払いに特化しており、電話番号で送金できるプラットフォーム「メタル」

支払いに特化しており、電話番号で送金できるプラットフォーム「メタル」

メタルは、支払いに特化したプラットフォームで、イーサリアムのブロックチェーンを活用して作られています。あらゆる仮想通貨のブリッジとなることを目的にしています。 電話番号を使って短時間で送金できる仕組みになっています。
しょーじ | 36 view
債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したブロックメイソン

債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したブロックメイソン

ブロックメイソンは、イーサリアムのブロックチェーン技術を活用し、債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したプロトコルです。 それを利用することにより、誰が誰に対していつの時点でどれだけの負債を負っているかを記録可能で、個人間でのお金の貸し借りに活用できる見込みです。
しょーじ | 32 view
日本の様々な分野へ拡大していく「ブロックメイソン」

日本の様々な分野へ拡大していく「ブロックメイソン」

イーサリアムのブロックチェーンを元にして、債務と信用を記録していくためのプロトコル「ブロックメイソン」が2018年は日本で大きく導入を拡大していくと明言しています。大規模なエアドロップも実施するなど、認知度の向上計画も進めています。
しょーじ | 37 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ