2017年3月16日 更新

ビットコインもプリペイドの時代に!各種カードと提携する利点

ビットコインはこれまでは単体の仮想通貨でしたが、プリペイドカードなどで利用する方法もあります。ライフスタイルに合わせて変化をしていくビットコインの使い方についてご説明いたします。

■ビットコインをプリペイド化するとはどういうことか

 (15827)

ビットコインはもともと個人間による取引が中心で、コインと引き換えに対価を支払う形式が主流でした。しかし最近になってクレジットカードやデビットカードとの連携をめざす加盟店が増え、それにともないプリペイド形式でのビットコインの使用が注目されつつあります。

ユーザーがプリペイド式のビットコインをチャージしたいと考えた場合、まずは提携しているクレジットカードなりデビットカードの利用申請を行う必要があります。基本的にはそのカード内にビットコインをチャージしていく形となり、逆にカードを使用した時に還元されるポイント分がビットコインに変換されるサービスもあります。
 (15828)

日本国内でデビットカードとの提携を本格導入しているのは「VISAカード」と「V-プリカ」の2社です。VISAカードのほうは1000円単位からチャージ可能で、1回のチャージで3万円まで、月額にして12万円までと上限が決められています。発行手数料は無料で、プラスチックカードの発行も1枚あたり300円と比較的安価で登録することができます。V-プリカのほうは1000円、3000円、5000円などと金額が決まったプリペイドカードをあらかじめ購入し、そのカードと同額のビットコインを交換する方式で、カード発行は無料です。チャージ上限が1万円と比較的低く設定されているのが特徴で、VISAカードのように1000円単位での細かいチャージはできません。

日本国内で有力な選択肢が見つからなければ海外発のカードに登録する方法もありますが、外国のカードは発行から手もとに届くまでに日数がかかるというデメリットがあり、そのうえ発行手数料も国内のカードに比べて高額であることも大きな違いです。ビットコインのプリペイド化が今後も順調に進めば今後もたくさんの業者が新規参入してくるでしょうから、本格的な普及が進むまでじっと動向を見据えるのもひとつの選択肢かもしれません。

■コンビニでも使える!プリペイドコインの便利な使い方

 (15826)

ビットコインのプリペイド化に貢献しているのはカード会社だけではありません。新たな動きにいち早く目をつけたセブンイレブングループは、早くも「ビットキャッシュ」というサービスを開始。専用のプリペイドカードにビットコインをチャージすれば、そのカードでセブンイレブンが取り扱う商品を購入できるシステムで、すでに首都圏の店舗では導入されています。

コンビニのプリペイドカードであればデビットカードのような事前の利用申請が必要ありませんから、より気軽に利用することができますよね。購入できる商品は今のところまだごく一部に限定されていますが、プリペイド方式によるコインのチャージが今後さらに普及すれば対象商品も拡大されると予想されています。お店で売っている商品をひとつ残らずビットコインで買える、という時代がもうすぐ目の前まできているのかもしれませんね。

■ビットコインのプリペイド化を推進する真の目的とは

 (15825)

ビットコインとプリペイドカードとの連携は一般の人にもわかりやすい試みのため、現時点ではその利便性ばかりに注目が集まりがちですが、運営会社から見れば、ビットコインのプリペイド化による狙いは別のところにあるようです。

プリペイド式を推進する真の目的は、仮想通貨そのものの汎用化です。ビットコインを誰もが日頃の暮らしで気軽に使えるようにすることで「仮想通貨はとっつきにくい」という昔からのイメージを払拭し、オンライン上だけでなく現実の買い物でもリアルマネーと同じ感覚で使ってもらえる環境をつくる。国内のカード会社や大手コンビニチェーンとの提携はその土壌づくりとして位置づけられているようです。

そして、その地道な試みの先には、社会的インフラとしての仮想通貨の導入という大きなビジョンがあります。一部の国ですでに一般化しているように、学費や公共料金の支払いに仮想通貨が認められるようになれば、キャッシュとしての利用価値はさらに高まるでしょう。ビットコインのプリペイドカード化は、そうした大きなビジョンのためのひとつの通過点なのです。

■プリペイド化にあたってのハードルとは

 (15824)

ビットコインのプリペイド化にむけた取り組みはまだまだ始まったばかりですから、決して順風満帆とは言えません。本格実現のうえでのハードルはいくつかありますが、わかりやすいところでいえば「ユーザーに利便性をいかに伝えられるか」という点が挙げられます。
既存のプリペイドカード、たとえばnanacoなどを日常的に使っているユーザーにしてみれば今になってビットコインに乗り換えるメリットがわかりにくく、結局現金か既存のポイントで支払ってしまうケースが充分に予測できます。

また、ビットコインユーザーにとっても、単純な投資目的で保有している場合はポイントを付与するメリットが伝わりにくく、決済用通貨としてはなかなか使いにくいようです。「プリペイド型ビットコインをもっているだけでいつの間にかポイントが貯まる」という最大のメリットを自然に周知することができれば、新たな試みは成功にかぎりなく近づいたと言えそうです。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 151 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 69 view
暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨市場には、2017年7月現在で約800種類以上のコインが誕生していますが、いくつかのコインはクラウドセールといわれるICO(イニシャル・コイン・オファリング)という手法で資金調達し開発しています。
じょにー | 50 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 196 view
仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする、仮想通貨の認知度がここ数年で一気に高まっている。2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨についても法律で規定されることになった。その結果、仮想通貨の取引所は法的根拠を持つ一方で、規制の対象にも組み入れられた。
じょにー | 72 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-rinrin E-rinrin