2017年11月30日 更新

国内でビットコインキャッシュが買えるところを探してみた

国内の取引所の中でもビットコインキャッシュに対応するところが増えてきております。 その時にビットコインコネクトと間違って買ってしまう人もいまだにいるということなので、間違えないように買う方法などを学んでおくといいかもしれません。

ビットコインキャッシュの特徴

UAHFによって生まれた新しい仮想通貨がビットコインキャッシュです。
ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解消するために、SegWit2やUASFという手法ではなく、、UAHF(ハードフォーク)という新しい手法によって生まれた仮想通貨で、分類でいえばアルトコインに分類されます。
2017年8月1日時点でビットコインを持っていた人は、BTCと同数のビットコインキャッシュが付与されました。

つまり、ハードフォーク以前に10BTC保有していたユーザーは、そっくりそのまま10ビットコインキャッシュがもらえたということなんです。
さらにつけくわえるとするなら、特徴はビットコインの8倍のブロックサイズではないでしょうか。
ビットコインキャッシュは、1ブロックのサイズが8Mというサイズに制限されています。本家のビットコインのサイズが1Mであることと比較すると、1ブロックに対してのサイズ上限がかなり大きくなりました。

これによって、ビットコインが今まで抱えていた問題、例えば送金に非常に時間がかかってしまうことや送金を失敗してしまったときのリスクなどを解決することが出来ます。
また、それに付随して現状1ブロック当りのサイズを小さくするために行われるSegWitは使われていないらしいです。

国内でビットコインキャッシュが購入できるおすすめ取引所はここ!

Free illustration: Bitcoin, Btc, Cryptography - Free Image on Pixabay - 1813507 (20189)

初心者でも使いやすい取引所は「コインチェック」ではないでしょうか。

「コインチェック」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所でコインの売買も行いやすく、また扱っている仮想通貨の種類も非常に多いのが特徴といえます。
コインチェックは、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを取り扱い、その数は取引所の中でも群を抜いており、ユーザー数が多い理由となっています。

コインチェックの取引画面は価格の変動が目で追えるのでどのタイミングでどう動いているのかがわかりやすくなっています。
コインチェックは、リスクヘッジの一環として東京海上日動火災保険とタッグを組んで、不正ログインやなりすまし被害について、保障を行っています。
1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しているのも大きな差別化の一点ではないでしょうか。
さらに一番早い段階で「二段階認証」を取り入れて、設定してるユーザーが対象となるので、すでに設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行えて、紛失時の補償模してしてくれるのが大きなメリットとなっています。

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初のビットコイン取引所として誕生しました。
2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど様々な投資家から出資を受けている運営が安心・安全の仮想通貨取引所といえます。
また、ビットコイン以外にも、ビットコインキャッシュやイーサリウム(ETC)、ライトコインなど流通量の多い人気の通貨を取扱っています。
手数料も他の取引所と比べると安い為、誰にでも使いやすい取引所ではないかと思います。

ビットコインキャッシュの将来性

一時騒ぎとなったビットコインの分裂のリスクですが、そこから生まれたのがビットコインキャッシュです。このビットコインキャッシュは正直賛否はあるようで、でもそれを裏付ける明確な根拠のある希望的観測は少なく現状は下落を続けている状況です。

しかしまだ誕生したばかりの仮想通貨なので今後どういった扱いになるのかは正直誰にも分かりません。
現に、現在1BTC=50万円の値をつけたビットコインも今年の頭には1BTC=10万にも届いていませんでした。
ビットコインキャッシュは今後下がり切ってからまた上がることもあると思うので、今後の動向は注目しておくべきでしょう。

ビットコインキャッシュは、既存のビットコインと異なり決済などにはまだ利用できないなど、分裂元となったビットコインには及ばない点も多いですが、保有しているユーザーが多いこと、また国内でも取り扱われている取引所が多いことからまだまだ将来性は十分にある仮想通貨であると思われます。

今後世界的にも取り扱う予定の取引所も増えてくると思われるので、注目すべき仮想通貨なのは間違いないでしょう。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 1,696 view
ビットコインキャッシュ表記は何に代わった??

ビットコインキャッシュ表記は何に代わった??

仮想通貨には通貨単位が存在します。ビットコインならBTCなどと略されて取引所内ではこの省略が使われますが、今回分裂を行ったビットコインキャッシュはまだ決まった呼称がない、あるいは統一化されていない問題が出ています。
じょにー | 403 view
各取引所でのビットコインキャッシュの付与などについてまとめた。

各取引所でのビットコインキャッシュの付与などについてまとめた。

ビットコインキャッシュが誕生し、国内外の取引所が続々と対応を始めています。その中で各取引所がどういう対応をしたのかというのを簡潔にまとめています。
じょにー | 105 view
新しく生まれたビットコインキャッシュに価値はあるの??

新しく生まれたビットコインキャッシュに価値はあるの??

ビットコインからフォークが行われて生まれたビットコインキャッシュですが、一時期上場後10万円近い価格まで高騰したのですが、果たしてこれはどういう理由でこうなったか、について書いていきます。
じょにー | 912 view
ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

このビットコインからの分裂によって、ほかの仮想通貨にどういう影響が起こるか気になるところではありますが今回はビットコインキャッシュに焦点を当ててみていきたいと思います。
じょにー | 1,304 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー