2018年2月21日 更新

ビットコイン取引所&販売所の評判①

ビットコインの取引所&販売所にはいくつかありますが、今回はその中からbitFlyer(ビットフライヤー)の評判について調べてみました。

ビットコイン取引所とは何をするところ?

ビットコインの取引所については知っているとは思いますが、イメージ的には株や為替の取引所のようなものです。ビットコインの場合もそれらと同じで投資目的の人が多いのですが、単順に販売所よりも安く購入できるということから使っている人もまた多いです。取引のやり方はオークションサイトのような感じですから案外わかりやすいと思いますよ。

ビットフライヤーの申し込みは下記から
https://bitflyer.jp?bf=ae1wp1lr
取引所とは取引の場を提供するプラットフォームです。

取引所は金融商品を買いたい人と売りたい人をマッチングさせ、両者から手数料をもらい、利益を出すビジネスモデルを採用しています。取引所側はあくまでも仲介役というスタンスを取っています。

どんなに複雑そうに見えても取引所でできることは金融商品を「買う」か「売る」かのどちらかになります。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
ビットコインの取引所とは、プラットフォームになります。この取引所は、金融にかかわっている商品を売買する人をお互いマッチングさせることで、双方からその手数料を受け取り、利益を出していくと言うスタイルになっています。このビットコインに関しての取引所というのは仲介と一緒のことを行うところです。内容的には、かなり複雑なシステムと考えますが、実際行うことは売買する場所ということです。ビットコインの取引所で扱われる通貨はビットコインのみ使うことができます。取引は直接売買する人たちだけでおこなうようになっています。

ビットフライヤーの申し込みは下記から
https://bitflyer.jp?bf=ae1wp1lr

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

bitFlyerは2014年5月26日に日本初の国内向けにオープンしたビットコイン取引所&販売所です。二つの手段を用意していることで使いやすいサイトになっていると思います。また、ビットコインについての基礎知識をネット上に置いているので、非常に初心者ユーザーを大切にしているという印象も受けます。
もちろん、日本語や日本銀行にも対応していますし、セキュリティー面もしっかりしていますね。その分、取引には少し時間が掛かるみたいですし、営業時間も銀行的なのですが、きちんと保管されているとのことで安心できると思います。

ビットフライヤーの申し込みは下記から
https://bitflyer.jp?bf=ae1wp1lr
 (3939)

まず、bitFlyer(ビットフライヤー)の大きな特徴として上げられるのが、先ほど述べた「日本語・日本銀行」に対応しているところ。現在ある多くの取引サイトは、日本語は未対応、口座は海外口座からなど様々なしがらみがあり、日本ではなかなか手がつけにくいのが現状だ。

次に、Mt.Goxの様な失敗をしないために、セキュリティー面は非常に注意している。

安全性を確保するためシステム的なセキュリティに加え、入出金については手動でのチェックを実施しているため、取引に関して数日の営業日がかかることもあるという。
加納氏によれば、安全性を確保するためシステム的なセキュリティに加え、入出金については手動でのチェックを実施しているため、取引に関して数日の営業日がかかることもあるという。取引ができる営業時間は平日の午前9時から午後3時までで、ユーザーのビットコインはネットに接続されていない環境(コールドウォレット)に保管されることになる。
ビットコインのような仮想通貨であるもの、そしてイーサリアムなどを扱うには、手数料がとっても安いビットフライヤーがお勧めです。このビットフライヤーは初心者でも上級者でも安心して扱うことができます。仮想通貨は、非常に危ないものと考えられていましたが、実際はビットコインが危険というわけではなく取引が危険な場合があるということです。現在は大手企業や世界中の富豪などからも出資を受けています。また取引所も以前と比べれば成長をしていて安全なものになっています。ビットフライヤーは、多くのビットコインを保有している人たちから信頼を受けている会社です。

ビットフライヤーの申し込みは下記から
https://bitflyer.jp?bf=ae1wp1lr

bitFlyerの使い方

図や動画を使って分かりやすいので参考にしてみてください。
 (3942)

ビットコインでデイトレードなど頻繁に売買したい場合は、日本初のプロ向けビットコイン取引所「bitFlyer Lightning」が便利です。(ビジネスクラス以上で利用可能)

①ビットフライヤーの左メニューにある、「bitFlyer Lightning」をクリックします。
②別ウィンドウで、「bitFlyer Lightning」が開きます。
チャートや板情報を見ながら注文できるうえ手数料は無料なので、ビットコインによるデイトレードも可能になっています。
ビットフライヤーの使い方は、まず公式のサイトを開いてそこで登録を行います。登録に必要なものはメールアドレス、パスワード、そして銀行口座、そして身分を証明するものと受信アドレスとなります。ビットフライヤーの公式サイトにき、登録するアドレスを使って、まずはアカウントをつくりましょう。アカウントはすべてが新規ではなく、グーグルやフェイスブックで既にアカウントがあれば利用できます。ログインを行った後は記入する項目がいくつかでてきますので、すべての項目を埋めていきましょう。パスワードを必ず設定しておくことが必要です。

ビットフライヤーの申し込みは下記から
https://bitflyer.jp?bf=ae1wp1lr

bitFlyerの評判は?

評価を探るなら他の取引所との比較情報が一番なので紹介します。
・bitFlyer(https://bitflyer.jp)
この3つの取引所の中でも、最近開設したばかりの取引所です。確か5/26だったか。
ここは会員登録後、指定口座にデポジットを入金(10万円以内ならいくらでもOKっぽいです。)し、
その後、1円キャッシュバックでアカウント開設完了の流れです。

試しに小額振り込んでみましたが、1日程度で無事開設完了。

ただ、セキュリティ面では、最上級のベリサインを入れてはいるものの、
ログインには、2段階認証も、数字の乱数もなく、ID&パスのみなので、
少々不安にはなりますね。
ビットフライヤーの評判は、初心者でも簡単に使えることで評価が高いです。ビットコインの販売所となる画面の方も、非常にシンプルなものになっていますので、自身の履歴や購入したときの価格、そして売却した価格などが一目でわかるようになっています。またビットコインを手に入れたい場合には、欲しい枚数を入力画面に入れることで、日本円に変換されますのでとても分かりやすいです。ビットフライヤーは専用のアプリとなりますし、使いやすいですし絵で記されている設定項目などがありますので一目で把握できます。送金行為やレートなどの取引が、短時間で取引できます。

ビットフライヤーの申し込みは下記から
https://bitflyer.jp?bf=ae1wp1lr
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン取引所&販売所の評判③

ビットコイン取引所&販売所の評判③

国内のビットコインの取引所と販売所は5つですが、今回はそのうちCoincheckとZaifの評判について調べてみましたので、どうそご覧ください。
ほろん | 3,018 view
ビットコインを始める最初のステップ 「取引所で購入する」

ビットコインを始める最初のステップ 「取引所で購入する」

これからビットコインを始めてみようとお考えの方に、最初のステップとしてまずおすすめなのが「取引所または交換所」で購入することです。 そこで、今回は購入までに必要な予備知識をまとめてみました。
Michiru | 2,375 view
ビットコイン取引所&販売所の評判②

ビットコイン取引所&販売所の評判②

国内でも話題になってきたビットコインの取引所&販売所について調べました。今回はbitbank(ビットバンク)とBTCBOXです。どうぞ。
ほろん | 2,402 view
ビットコイン取引所と販売所の違い

ビットコイン取引所と販売所の違い

ビットコインを入手する方法でよく聞くのが取引所と販売所です。この二つの方法の違いは何なのでしょうか?調べてみました。
ほろん | 10,209 view
取引所徹底比較~QUOINEX(コインエクスチェンジ)~

取引所徹底比較~QUOINEX(コインエクスチェンジ)~

仮想通貨流通プラットホーム「LIQUID」のICOで話題になったQUOINEが運営する仮想通貨取引所「コインエクスチェンジ」を紹介します。
しょーじ | 226 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ほろん ほろん

おすすめの記事

今注目の記事