2018年1月4日 更新

ビットコイン・Zaif(ザイフ)とbitFlyer(ビットフライヤー)を比較

ビットコインの取引所として有名な、Zaif(ザイフ)とbitFlyer(ビットフライヤー)どちらの取引所も同じと想うかもしれませんが、それぞれに特徴が有りますので、きちんと理解をした上で活用すると良いでしょう。

Zaif(ザイフ)の特徴

 (21047)

初めてでも取引手数料がかからず、低リスクで始める事が出来る取引所として知られているのが、Zaifです。ビットコインやモナコインを始め、XEMなど、各種コインを取引することが出来ますので、とにかくすぐに売買を行いたいという方にも、広く取り扱われて居ます。

ユーザー間でも取引をすることが出来ますので利益率が高く、幅広いニーズに対応するタイプの取引所と言えるでしょう。クレジットカードでのビットコイン購入を始め、コインを自動的に積み立てる、コイン積み立てのシステムもあり、長期的に安定した運用が見込める点も特徴です。

決済の際には、円に換金して口座に振り込みも可能。更に、ビットコインで支払いを受け取る事も出来、信用取引も充実している点も魅力と言えます。その人らしい取引、ニーズに合わせたビットコイン取引を行いたいという方に、ピッタリのタイプです。コンビニ決済も可能で、日本円入金をすることが出来る分、より手軽にサービスを活用する事が出来るでしょう。

仮想通貨交換業事業者登録も行われており、安心度も抜群。事実上の取引の安定感だけではなく、財務局が認めた取引所としても知られています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 (21049)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

 (21051)

国内の仮想通貨取引所の中でも、最も資本金を持つ取引所として知られているのが、bitFlyerです。仮想通貨取引所のTVCMをいち早く打ち出した事でも話題となり、知名度が高い取引所としても知られています。

取り扱い仮想通過数は五種類に及び、ビットコインから、モナーコインまで、非常に幅広いタイプの仮想通貨を取り扱う点も特徴と言えるでしょう。金融庁の仮想通貨交換業事業者登録もなされており、非常に安心度が高い取引所として知られています。

仮想通貨同士のトレードを出来る事を始め、日本円でビットコインを購入出来る販売所も設置されていることもあり、様々なニーズがあると言えるでしょう。ビックカメラ全店での決済導入とも提携しており、より身近にビットコインを感じるきっかけを作った取引所として知られています。

セキュリティ面やサーバー面も共に安定しており、他社取引所と比べると、全体的に安定して活用する事が出来ると言えるでしょう。アカウントロックシステムや、マルチシグネチャアドレスの採用、不正日本円出金保障サービスなど、安心して使える工夫が多々ある点も魅力として知られています。

更に、価格の急騰暴落時に取引を一時停止する、サーキットブレイカー制度を導入することで、アクセスが集中しやすいタイミングでサーバーダウンが起きるという事態も防いでいることが特徴です。サーバーの安定感は取引の安定にも繋がる部分ですので、非常に重要なポイントと言えるでしょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

初心者におすすめなのは?

 (21054)

いずれの取引所も初心者にはおすすめで、扱いやすい工夫が施されている点が特徴です。サーバーの安定感などを求めるのであればbitFlyer、スマホアプリの利用など手軽さを求めるのであればZaifなど、求める物によっても、利用するべき取引所が異なると言えるでしょう。

いずれもセキュリティ面に関しては非常に高く、ログインの際にワンタイムパスワードを導入しているZaifや、ファイヤーウォール、アカウントロックを導入しているbitFlyer、それぞれに工夫があります。どちらの取引所に関しても、セキュリティ面も非常に安定していると言えますので、利用するタイミングに合わせて、取引所選びをすると良いでしょう。

強いて言うのであれば、本当にビットコインを始めて行うという方には、取引を手軽に始める事が出来るZaifがおすすめです。ですが、今後ビットコインに限らず、より様々な仮想通貨の取引をしたいと考えている際には、bitFlyerも視野に入れておくと重宝すると言えるでしょう。どちらでも活用はしやすいため、自分の考えに合っているかどうかを比較する事が大切です。

違いをよく理解した上で、取引所選びをしましょう

 (21057)

同じビットコインの取引所でも、細かい部分をみて見ると、それぞれに違いがあります。いずれも致命的なデメリットがあるという所では無く、安心して活用できる取引所ですが、その人に合う合わないがありますので、しっかりと比較をした上で活用するようにしましょう。

取引手数料を初め、取引通貨の種類、取引の際に使えるツールなど、導入されている工夫を比較して見ることで、より自分の考えに合っているかどうかを判断しやすくなります。いずれの取引所も簡単売買をしやすいため、まずは試しにどちらか片方を始めて見るというのも1つの手でしょう。

取引所選びは、ビットコイン運用をする際の重要なポイントです。日頃活用するツールや、ライフスタイルの事も考えた上で、取引所を決めるようにしてみましょう。申し込み方法もそれぞれ異なりますので注意が必要です。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

ビットコインの価格が高いと売りたいときには有利ですが、手数料がかかるところは手数料も高くつきます。買いたい時は安いほど有利ですが、購入時にも手数料がかかるとその分余計に支払わないといけません。FISCO仮想通貨取引所とZaifともに手数料がお得で、初心者にも利用しやすいのがポイントです。
管理者3 | 114 view
ビットコイン!Zaif ザイフとGMOコインbyGMOを比較

ビットコイン!Zaif ザイフとGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは取引所で購入したり売ったりすることができます。販売所というところもありますが、販売所は管理者との取引になるため手数料込みの価格となっています。取引所は買いたい人と売りたい人という、ユーザー同士の取引になるので原則手数料はかかりません。
管理者3 | 273 view
取引所徹底比較~ザイフ~

取引所徹底比較~ザイフ~

ビットコイン現物取引の手数料がマイナスだったり、独自のトークンの取り扱いも多い、テックビューロ株式会社が運営している仮想通貨取引所「ザイフ」を紹介します。
しょーじ | 127 view
取引所徹底比較~ビットフライヤー~

取引所徹底比較~ビットフライヤー~

ビットコイン取引量シェアで国内最大で、アメリカや欧州にも進出している国内最大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーを紹介します。
しょーじ | 137 view
参加者増加施策としてオミセゴーが日本に仮想通貨取引所を開設へ

参加者増加施策としてオミセゴーが日本に仮想通貨取引所を開設へ

東南アジアを中心としてECサイトでの決済サービスを提供しているオミセゴーが、参加者を増やすために日本で仮想通貨取引所の開設を目指しています。現状では、日本国内の取引所ではオミセゴーの取り扱いがまだ無いので、取引所が無事開設され、日本円から直接オミセゴー購入できるようになって欲しいですね。
しょーじ | 14 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3