2016年7月19日 更新

【J-Bitsで証拠金取引】レバレッジ比率も選べる!

ビットコインの取引の中には証拠金取引、レバレッジ取引という物が存在します。 この証拠金やレバレッジというのはどういった意味なのでしょうか? そして取引所として優秀なJ-Bitsはそのような取引が出来るのでしょうか?調査してみました。

証拠金について

証拠金(しょうこきん)とは経済学用語の一つ。契約の成立、履行を確実にするために、当事者の一方が相手方に対して担保として預ける金銭のことを言う。

先物取引、オプション取引を行う場合には証券会社で口座を設けることになり、そのときに証券会社に差し出すこととなる金銭のことを証拠金という。これは投資家が取引を行った場合に損失がすれば、それをカバーするための担保として必要となっているからである。
Free illustration: Profit, Businessman, Finance - Free Image on Pixabay - 1139073 (10335)

証拠金とは、担保のようなもの抵当権のような物です。
このお金を預けますから、ここまでの取引をさせてくださいねというお金のようなことです。
メリットも多いですがデメリットもあります。

信用取引

Free stock photo: Credit Squeeze, Taxation, Purse - Free Image on Pixabay - 522549 (10336)

信用取引とは、ひとことで言ってしまえば、「自分を信用してもらい、持っている資金以上に株式投資を行うこと」です。自分の資金や株式などを担保(たんぽ)にして、証券会社からお金を借りて投資することになります。

メリットの一つとして「持っているお金以上の取引ができる」ことです。

 例えば、現物取引(一般的な取引)では50万円持っているときは、50万円分までしか取引できませんが、信用取引を使えば、最大で3倍の150万円分の取引ができます(レバレッジ効果)。うまく取引ができれば、利益は3倍となります。
株などの有価証券の場合、信用取引という取引手段があります。
これは証拠金もしくは保証金を預けて、持っているお金以上の取引を行うことです。
証拠金は一般的にこういった方法で利用されます。

証拠金の算出

例えば米ドル/円 10万ドルの取引を1ドル=95円で行う場合は、最低いくらの証拠金が必要でしょうか。
1ドル=95円のとき、1万ドルにかかる最低必要証拠金は38,000円(95円×1万×4%)です。
答えは、10万通貨×38,000円(10万ドルの必要証拠金=380,000円)です。

950万円【95.00(為替レート)×100,000(建玉総数)】相当の取引を、レバレッジを利用することで38万円のご資金で運用することが可能となります。
※ 必要証拠金は為替レートの変動で常に変わります。
※ スタンダード25倍コースの場合
上記はFXでの取引必要証拠金の計算方法ですがビットコインも同じです。
1ビットコイン7万円として10ビットコインの取引をレバレッジ10倍で行うなら
10ビットコイン × (7万円×10%) = 70000円と言うことになります
70万円の取引を7万円で行えると言うことになります。

ビットコインのレバレッジ取引

Free vector graphic: Scales, Law, Fairness, Legal - Free Image on Pixabay - 297222 (10337)

あなたが取引所に50万円を預けたとします。このお金で1枚5万円のビットコインを現物取引で購入する場合は、ビットコインを10枚買うことができます。

しかし、信用取引でレバレッジを3倍まで許可してもらったとしたら、ビットコインを30枚まで買うことができるようになります。

同じ掛け金で取引量が3倍に増えるわけですから、利益も3倍になりますが、損失も3倍になります。
ビットコインも株などと同じようにレバレッジ取引を利用することが出来ます。
レバレッジ取引というとFXがとても有名ですが、株やビットコインでも行うことが出来るのです。
手持ちの金額よりも大きな取引をされたい方は、レバレッジ取引を行うのが良いですね。

レバレッジの比較

Free illustration: Hand, Keep, Magnifying Glass - Free Image on Pixabay - 982068 (10338)

       ビットコイン    CFD/FX         株式現物
レバレッジ  現物 or最大20倍  国内25倍-33倍(先物)   現物のみ

レバレッジを掛けたトレードは「投機性が高い」と悪く言われることも多いですが、現物保有する資産に対するリスクヘッジ手段として利用することもでき、少ない元手でも多様な戦略で戦うことが出来るようになります。これはFXと同様に、今後ビットコイントレードを行う上の非常に重要なファクターとなるでしょう。
ビットコインは上記の通り最大20倍までレバレッジをかけることが出来ます。
その取引を行う為には証拠金が必要になることを忘れてはいけません。

J-Bitsにおけるレバレッジ

Free illustration: Apple, Watch Tv, Tv, Screen - Free Image on Pixabay - 589640 (10339)

レバレッジ取引とは、お客様が当社に証拠金を預けることにより、証拠金を担保にその何倍もの金額を運用する取引を指します。お客様は、以下の3種類のレバレッジ比率を選択することができます。

レバレッジ比率
 2倍、5倍、10倍のいずれかをお客様にて選択
国内有数のビットコイン取引所である、J-Bitsでは証拠金取引、レバレッジをかけて取引することも可能です。
レバレッジはご自身で選択する事が出来ますよ。

ビットコインはとてもボラリティが高い商品ですので、レバレッジ取引を行う際には証拠金に注意をして行いましょう。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【流動性リスクも軽減】J-Bitsは安心の取引ができる!

【流動性リスクも軽減】J-Bitsは安心の取引ができる!

ビットコインにつきものなのが流動性リスクです。取引量がまだまだ多くないビットコインは流動性が高く、取引が出来ないなんて事もあります。その中で、最近できた「J-Bits取引所」は、そんなリスクを軽減してくれるんです。
anzu | 174 view
ビットコイン取引所のJ-Bitsはチャートも優れている!

ビットコイン取引所のJ-Bitsはチャートも優れている!

ビットコイン取引所で今とても注目されているのがJ-Bitsです。 J-Bitsでは、顧客情報を守ることをメインに安心して簡単に取引ができる取引所を目指しています。 チャートも見やすい設計になっているのも魅力ですよ。
こしだ | 272 view
【J-Bitsのスプレッド!?】精度の高い取引が出来る

【J-Bitsのスプレッド!?】精度の高い取引が出来る

J-Bitsはビットコインの取引所としてとても優秀な場所です。 安心安全で尚且つとても精度の高い相場情報を提供してくれています。 そんなJ-Bitsのスプレッドについてどうなっているのでしょうか。スプレッドとは何なのかまとめてみました。
anzu | 101 view
マーケットメーカーも取り込む【J-Bitsの取引レート】

マーケットメーカーも取り込む【J-Bitsの取引レート】

J-Bitsはビットコインの取引所の一つで、最近作成されています。 まだまだ新しい取引所では有りながら、サービス内容はとてもしっかりとしています。 中でもマーケットメーカーを取り込んだレートの正確性などがあげられています。
anzu | 112 view
【J-Bits 】安心してビットコインが取引出来る取引所

【J-Bits 】安心してビットコインが取引出来る取引所

J-Bitsは2016年の6月よりスタートした、ビットコインの取引所です。 国内の会社が行っており、目指すところは個人情報保護の徹底や、使いやすさの提供などとなっており、取引所としてとても期待出来る場所になりそうです。 そんなJ-Bitsについてまとめてみました。
anzu | 142 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu