2018年2月12日 更新

ビットコインの始まりはミステリアスな論文からだった話。再度おさらいしましょう

ビットコインは仮装通過の一種で、一般的な貨幣の代替も可能です。日本ではまださほど普及しているとは言えませんが、海外とりわけ欧米では流通が様々な形で始まっています。ビットコインが話題にされるようになったのはここ数年の事であり、実は正式に誕生したのはほんの10年前の事ですから、さほど昔ではありません。 各界で話題沸騰中のビットコインでありますが、実際説明しようと思ったらふと迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。今回は話題のビットコインについて基礎的な事から解説しています。

そもそもの始まり

 (24658)

始まりは実にミステリアスであり、まさに“現実は小説より奇なり”という言葉をそのまま現実化させたようなものなのです。2008年に突如として日本人のような人物の名前で、論文発表された事からすべてが始まっています。この人物に対しては様々な説があり、今だに肝心な事はわかっていません。それどころか様々な憶測が飛び出しては消えているしまつです。

そもそも最初に発明した謎の男の名前が、はたして個人名なのかそれともグループ名なのかさえ謎に包まれたままなのです。何人かそれらしい実在の人物の名前が浮上してはいたのですが、いずれの場合も若干の可能性はあるものの決め手とならず、結局何もわからないままです。このようにまるで推理小説のような不可思議な出来事がバックとなって、ますます人々の関心を集めていったのは言うまでもありません。

各界の動き

line

 (24661)

2008年に謎の人物による論文発表後一年程度で発行が始まっています。その時に使用された単価はBitcoin-Qtでした。その年中に運用も始まっています。最初にピットコインでの買い物をしたのはアメリカのプログラマーで、ピザ2枚を購入するために1万Bitcoin-が使用されました。このように決済手段にも使用できる事から、電子マネーやICカード同様にオンラインでの取引が可能という事になるのですが、取引市場では金融危機もあり1ピットコインの価値が急激に高騰して下落するといった事がおきたり、闇市が作られたり、激しい売り抗争が起きたりなど取引市場に混乱が生じるようになった事が尾を引く形で、ピットコインを危険視する声も浮上しています。
 (24663)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
一時期ビットコインの使用を禁止する動きが出る一方で、自社商品の取引貨幣にビットコインを導入する企業が確実に増えてきています。取引場も各国に設置されていますし、日本にも取引場ができています。取引にリスクが伴う反面メリットも多いので自社決済方法にビットコインを利用する企業は今後も増えていく見込みです。

相変わらず資金洗浄などでの逮捕者が出ている事から考えても、明確な法整備の必要に迫られています。別名暗号通貨といった名称もある事から、セキュリティ面では極めて安全との説明がされています。いずれにせよ暗号貨幣の仕組みや正しい運用方法などをしっかり理解してからの使用が望まれます。ちなみに暗号通貨とは使用する際にパスワードなど暗号を用いて貨幣として使用するもので、仮装通貨となります。新規発行する際にも本領発揮します。

主に欧米で普及が進んでいる形です。上手に使いこなせばこれほど安全性が高く信用性もある貨幣はありません。日本ではまだまだ普及するのに時間がかかっているのが現状です。一般的にネット通販などで使用されるだけで小売業ではまだほとんど普及が進んでいません。暗号貨幣を理解してもらうための資料や本なども多数出ているのですが、システムが難解である事も日本での普及がなかなか浸透していかない理由の1つになっています。

実際に説明されている文を読むと入手方法は多岐にわたっていて、自分のもとに集めるのは思ったより簡単そうだと気づかされます。現実様々なところでサービスや製品の代金として使用されています。少なくともカード決済よりは安全に思えます。導入コストも最小限に抑えられるなど、使用するためのリスクは聞いていたよりも小さそうだと思う人は多いのではないでしょうか。
アルトコイン訴求

現況

 (24666)

主に海外のeコマースなど通販サイトでの導入が進んでいる状況です。暗号貨幣管理する団体も作られていますが、銀行に依存していませんから、恐慌などが起きても大して影響も受けないのではないでしょうか。取引経歴も専用台帳で閲覧できますから、使いすぎなどのリスクはおきにくいメリットもあります。

取引に参加するにはネット環境が必要になってきますから、ネット環境にない人にはほとんど無関係となり得ます。次世代の貨幣組織という事もできネットに弱いという人は暗号貨幣に関しては、かなり遅れを取ル出あろう事は確実です。そういう意味では万民受けしていないとも言えますから、小売業界でなかなか普及が進まないのもわかります。
 (24668)

その変わり、使いこなしたらこれほど便利なものはないとも言えます。こうして見ていくと暗号貨幣は極めて安全かつ欠点のない完璧な貨幣の形に見えますが、人間が作ったものは必ずどこかにほころびが出てくるものです。まだ生まれて10年弱ですから、まだとらえどころがない印象を受けます。

今後暗号貨幣を使ったあらゆる犯罪の可能性を予測しながら法整備をしていく事が求められています。
16 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3