2017年12月2日 更新

ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

最近では頻繁にICOのプレセールが行われています。それだけ仮想通貨のICOが増えているという現実があるのです。 それらをいち早く見つけるためにどういうサイトを活用すればいいかを紹介します。

未公開プレセールの仮想通貨(ICO)とは?

仮想通貨のそもそもの買い方ですが、取引所という所を通じて現金から仮想通貨をまず購入するところから始まります。
その仮想通貨の使い道は何だ、という話ですが、今のところ完全な実用化にいたっているところは非常に少なくなっておりますが、使い方の方法として投資に使うことが出来るという点です。

クラウドセールというものがあり、ICOに使われる言葉で、資金調達を行ってプロジェクトを成功させます。
その時にトークンというものを発行して投資側は株に代わるものを得ます。それが上場後高騰して投資側が利益を得ることが出来ます。
この時クラウドセールは上場前のものであれば安価で買うことが出来るのですがこれのことをプレセールと呼ばれます。
Free photo: Digital Marketing, Emarketing - Free Image on Pixabay - 1725340 (22041)

仮想通貨 未公開プレセール(ICO)予定情報を知る方法

未公開、いわゆるプレセールのものを買うためには情報戦を勝つのと同じであって、知らなければ買うことが出来ません。
次に、未公開仮想通貨のプレセール情報を開示しているとても便利なサイトがあるのでよければ参考にしていただけたらと思います。
COIN JINJAというサイトがあり、このサイト自体もまだ本格起動していないものになっておりますが、ICOの掲載件数が700件を超えていて、さらに日本語でホワイトペーパーを記載しているところも豊富にそろっているため、情報がとても見やすくなっています。
ページ構成もそれなりにこっていて使い勝手がいいと思われます。

次にCRYPTO COIN PORTALというサイトになりますが、こちらは日本語に特化しているICOの情報サイトとなっています。
COIN JINJAと比べるとごちゃごちゃしている感は否めませんがそれでもコンテンツとしては非常にいいものを持っていて、この2サイトから色々と検索して購入するものを検討してもいいと思います。

これからもICOは出てくるので要注目

この2017年は仮想通貨にとっても非常に進展の多い一年だったと思います。
今後も仮想通貨はまだまだ登場してくるでしょうし、情報量も増えてくるので、情報の仕入れにはさらに注意しておきましょう。

ただ、こういう新しいものが生まれるたびにそれを利用し悪いことを考える人が出てきます。
今の内からこれを買っていれば絶対に儲かるなどという言葉は十中八九詐欺の常とう句です。

この世の中に絶対なんて言葉はありませんし、ICO関連で言えばそれがより体言化されます。

未公開のもののリスクとして上場までたどり着けないもの、またそもそも集金だけ行い全く開発をしないという劣悪なプロジェクトも昨今では目立っています。

今後は安易にそういうものに手を出さずにしっかり自分で吟味して投資を行うべきだと考えます。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

仮想通貨とICOという言葉を調べていけばたびたび目にすることがあるホワイトペーパーという言葉。 このホワイトペーパーの重要性などを説明出来たらと思います。
じょにー | 45 view
ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ホワイトペーパーの良しあしでプロジェクトの雰囲気や成功確率も変わってくることがあります。 ICOにおけるホワイトペーパーの重要性を知るようにしましょう。
じょにー | 35 view
暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

昨今ビットコインをはじめ仮想通貨が非常に多く誕生しております。 そのなかでもICOという資金調達を経て生まれることが多いのでそのあたりを交えて解説していけたらと思います。
じょにー | 110 view
ホワイトペーパーのどこを見ていいものかを判断する方法

ホワイトペーパーのどこを見ていいものかを判断する方法

ICOの設立において重要視されるホワイトペーパーですが、いったいなぜ重要視されるのか、どこを見て判断していくのかを知ってもらえればと思います。
じょにー | 9 view
今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

ICOとは、「InitialCoinOffering」の頭文字をとったもので、簡単に言えばIPOの原理と似ています。 取引所へと上場させることによって認知度を上げてトークンを販売し、それを基に資金を調達し、プランを完成させていくものです。
じょにー | 105 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー