【マイク・ハーンショック】に見るビットコイン財団の姿

【マイク・ハーンショック】に見るビットコイン財団の姿

2016年が始まった1月、市場に動揺が走りました。マイク・ハーン氏による「BItcoin XT」や、財団に対して対立関係が表ざたに。財団は「分散化された通貨」であるビットコインの普及するために非営利団体としてこの世に誕生しました。そんな財団はいま、財政難を抱えています。マイク・ハーン氏と財団に起こった出来事を中心に何が起こったのかを調べてみました。
とんぼ55 | 558 view
ビットコインのコア開発者ギャビン・アンドレセン氏とは

ビットコインのコア開発者ギャビン・アンドレセン氏とは

ビットコイン財団の創立時からのメンバーで、ビットコインのコア開発者でもあるギャビン・アンドレセン氏。自らをオールラウンドのGeek(オタク)と紹介するほど人物です。先月、ビットコイン市場に大きな混乱をもたらした「マイク・ハーンショック」、ハーン氏とともに「Bitcoin XT」に携わりならがも、ハーン氏のビットコインへの決別とは異なりビットコインの開発と保守に尽力しつづけているギャビン・アンドレセン氏について調べてみました。
とんぼ55 | 1,144 view
ビットコインの未来をかけたスケーラビリティ論争

ビットコインの未来をかけたスケーラビリティ論争

ビットコインに関わる人ならば、一度ならず聞いたことがあるのが、「スケーラビリティ」における問題。を求める人が増えにつれ取引量が上がり、現在のブロックの大きさでは対応ができなくなると言われています。この解決のために尽力してきたマイク・ハーン氏は謎の言葉を残し、開発コアメンバーから去りました。さて、今後スケーラビリティの問題はどこへ向かうのでしょうか。
とんぼ55 | 2,808 view
中国ではビットコインの闇採掘までもが存在する

中国ではビットコインの闇採掘までもが存在する

炭鉱や宝石における闇採掘聞いたこともある人がいるでしょう。中国では、そんな闇採掘がビットコインにも存在しました。闇採掘ということは、公式な取引所での取引がされないものが存在するということでもあります。2008年に論文が発表され、2009年に流通し、今日の大きな市場を担った背景には中国の存在を抜かして考えることはできません。闇採掘された分は、今後どのように市場と関わっていくのでしょうか。
とんぼ55 | 780 view
半減期で価格上昇なるか?ビットコイン市場の動向を考える

半減期で価格上昇なるか?ビットコイン市場の動向を考える

ビットコインの半減期とは、採掘による報酬が半減する時期を迎えてます。半減期は今年度の半年後を迎えようとしています。前回の半減期2012年に起こったことを合わせて見ながら、これから起こる半減期が市場に対してどのような動きを見せるのか調べてみました。
とんぼ55 | 534 view
ビットコインは常にハッカーに狙われている?

ビットコインは常にハッカーに狙われている?

取引所は常にハッカーの脅威や、信用度の低いい取引所を選ぶことで起こる多額の持ち出し事件など後を絶ちません。もともと平等な精神と、利便性を持って既存の通貨の概念を打ち破るという崇高な理念がありました。しかし残念なことに悪意の者による犯罪は後を絶ちません。ここでは、多様なビットコインに関する犯罪を見ていきます。
とんぼ55 | 3,728 view
株との相関関係は?ビットコインの「中国危機」②

株との相関関係は?ビットコインの「中国危機」②

2013年キプロス・ショックは、通貨の大量流出を救い需要を高めました。ギリシャ危機は2009年あたりから始まり、昨年の6月中旬より急に需要が高まったビットコイン。いま現在、中国も同様に資本流出による中国株安に襲われています。この状況は、吉と出るのでしょうか。
とんぼ55 | 635 view
7 件