ビットコインと日本で作り出されたモナーコインの違い

ビットコインと日本で作り出されたモナーコインの違い

ビットコインは2008年に、ナカモトサトシによる論文をきっかけにして2009年に運用が開始されました。現在は投機目的とした利用者が、このビットコインの取引を行う事で、高水準の取引が行われていますが、2017年3月時点でもその高値を維持し続けています。2116年には日本政府も公式に、ビットコインが通貨と認めており、今後法の整備も次々と行われていくと思われます。一方モナーコインも、同じP2P理論の仮想通貨ですが日本発祥で、現在ネット上では人気の出始めた仮想通貨というポジションを持っています。
E-sacchi | 151 view
【次世代ビットコインの大本命!】モナーコインの流動性は?

【次世代ビットコインの大本命!】モナーコインの流動性は?

ビットコインバブルの中で誕生したモナーコインは、日本発の仮想通貨として信頼性の高さから、需要が増えています。次世代の筆頭に挙げる人も多いモナーコイン、その成り立ちや流動性、取引手数料不要の取引所などについてまとめます。
letyour8 | 897 view
アルトコイン(オルトコイン)ってなに?

アルトコイン(オルトコイン)ってなに?

ビットコインが普及し始めて、「アルトコイン」というキーワードも聞かれるようになりましたが、「アルトコイン」とは一体何でしょうか?
s.w.japan | 5,990 view
3 件